So-net無料ブログ作成

やる気のない子に対する対処法は千差万別 [中学生のやる気]

中学生向けの塾の広告などを見ると、

「やる気を引き出す勉強法を指導」

というようなキャッチコピーを目にすることもあります。
でも、勉強法や指導法でやる気を引き出せるのは、ほんの一部の中学生だけです。

一言に「勉強にたいするやる気がない」とは言っても、
その理由や背景は、千差万別と言ってもいいほど、人によって違います。

ですから、中学生の本人がなぜ「やる気」になれないのか?
その根本的な原因が何にあるのか?

それを先に把握しないことには、やる気を喚起することはできません。

また、最近の中学生は特に腑に落ちるまで納得しないことには、
なかなか動かない人も多いです。

昔のように子ども扱いして頭ごなしに親が強制しても反発されるのがオチです。
ですから、せめて勉強については、腑に落ちるような、
納得のいく言葉を使ってあげないことにはやる気にはなりません。

ところが、ほとんどの学校の先生や親は、
子供を説得しようとしますから、当然やる気にはならないものです。

説得しても決して納得はしません。

説得とはある意味、納得とは逆のアプローチです。
その違いをご理解下さいね。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます